FC2ブログ

競馬サイン読み レーシングダイアリーを解け

JRA発行のレーシングダイアリーを中心にサイン解読を行う。「競争日記」をレース前に書けるJRAは予知能力者か演出家なのか。

スッポニチ記事より抜粋

JRAは29日、凱旋門賞でディープインパクト(牡4=池江郎)
から禁止薬物イプラトロピウムが検出され失格となった問題で、
仏国に同行した牛屋重人・開業獣医師に対し、JRA診療施設の貸し付けを
12月4日から07年6月3日まで6カ月間停止とすると発表した。
凱旋門賞(10月1日)の1週前(9月21~25日)に吸入治療を行った際、
インパクトが暴れ、外れたマスクから薬剤が2度飛散、付着した馬房内の敷料
(寝わらなど)や干し草を同馬が摂取したためとされる。
JRAは同獣医が池江泰郎調教師に対して
(1)薬剤を禁止薬物と認識しながらその事実を伝えなかった
(2)薬剤飛散の事実も報告しなかった
(3)薬剤付着の可能性が高い敷料を交換するよう指示しなかった――と判断。
「医師としての注意義務を怠った責任な過失」(JRA)とし、半年の関与停止処分を科した。

おいおい、高橋理事様よ~ これで池江さんを「汚点」扱いしたのかよ。
池江調教師から報告を貰いましたが、潔白であるとの報告がございましたので、
マスコミの皆様にはくれぐれも慎重なご報道をお願い致します。
って、組織の長がかばわずに誰がかばうの? しょせん天下り役人だね。

昼飯時に、何気に週間プレイボーイ見てたら、松本(ダウンタウン)の相談コーナー
にまで、ディープのドーピングは許せません とかの記事になってて、
又、松本が偉そうな事書いてたけど、読んでムカムカしてきた。
「薬の投与時に立ち会って、話を聞かなかった 責任」はあるけど、
部下も獣医も信頼してたんだろうしねぇ。
スポンサーサイト




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サインじゃない事も書いてみる | ホーム | 来年JRAの顔は ドリパス?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |