FC2ブログ

競馬サイン読み レーシングダイアリーを解け

JRA発行のレーシングダイアリーを中心にサイン解読を行う。「競争日記」をレース前に書けるJRAは予知能力者か演出家なのか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

禁止薬物。ディープから。

アトロベント
気管支収縮抑制剤のエアゾール、また鼻炎用(アレルギー性、血管性)の点鼻剤
主成分名: 臭化イプラトロピウム
主な作用
吸入することにより、吸収されて、抗コリン作用(副交感神経抑制作用)にもとづく、気管支のけいれんを抑制する作用があるので、気管支喘息、肺気腫、慢性気管支炎の呼吸困難、
ぜんめい(喘鳴;「ぜいぜい」という音)を抑えるのに用います。
また鼻汁の分泌を抑えて鼻づまりを改善します。
副作用
吐き気、頭痛、腹痛、便秘、動悸、口の渇き、舌の炎症などを起こすことがあります。
またアトロピン系の薬剤に過敏な人では、ショックや不整脈を来すことがあるので、注意してください。
服用上の注意
一般的に、口腔には1回1~2噴射で1日3~4回吸入、鼻腔には1回1噴射を両鼻腔に1日4回行いますが、症状により違いがあるので、医師の指導をよく守りましょう。眼に入ると、瞳を開く作用があるので注意しましょう。

そうか頭痛で飛ベなかったのか(笑) それとも一服盛られたか(爆)確信犯か?筋肉へのステロイド系じゃないので、鼻づまり直しに使ったのか?(日本じゃ禁止じゃないようですし)。凱旋門パドックで下痢してた様子だったしね。

即引退なんて事は? う~ん・・。 主牡馬価値暴落で、引退撤回し、世界中をダーティーヒーローとして練り歩くってのはドウカ。
日本中でまだ走るのを見たいと思ってるよ。

追:日本じゃ禁止のラシックス、ビュート、ミルクシェイク(通称)もアメリカではOK(最近は州により規制も)ですし禁止薬物は国により様々なのが現状。イプラトロピウムは日本では禁止されていない物質なので、国内出走はOKのようです。凱旋門の成績取り消しはありえるようですが。。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ディープ 追 | ホーム | 奇跡の大バーゲンセール>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。