競馬サイン読み レーシングダイアリーを解け

JRA発行のレーシングダイアリーを中心にサイン解読を行う。「競争日記」をレース前に書けるJRAは予知能力者か演出家なのか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あえて10番擁護

早めに帰宅。これから風呂入って寝る 3時起き。

最近ネットの書き込み見てると 中村俊への批判が凄い。
キノコとか茸とか。 髪型から非難。 しかし、ここであえて擁護してみる。

確かにオランダ戦でボールを取られて危ない場面があった。 
でもあのブブゼラ上のピッチに初めて立ち、仲間からの危ないという声が聞こえないのを
初体験したばかりではないのか・・・。

で、こんな記事もあるんですよね。

森本美行 / 元サッカー選手で、現IT系社長
選手がどんな風に動いたかとか 分析ソフトを作ってるそうだが、
日経BPで こんな記事を書いてた。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100623/215106/?P=1
俊輔、岡崎は 13Km相当(90分なら)、玉田は11Km相当(90分なら)
と、交代後にそこそこは動き回っていたらしい。 (先発10人平均10K)
後半途中からだから、ガス欠心配せずにソレ位普通動くだろっ とも
思える数値ではあるのだけれど、動いていない という認識はオカシイ・・・。
※印象は無かったけどね・・。
むしろ、 玉田・・・先発組と全く変わらない動き・・。
 (まぁちゃんとシュートできれば動かないでも良いけどねFWは)

で、問題視されているバックパス。 あれも今の守備的布陣になるまでは 
岡田監督戦術のお約束の一つで バックパスしてマークを外し、同時に複数で連動して上がる 
というものだったはず。

つまり俊輔は 距離走ってる し、 戦術も岡田監督戦術(以前の)を愚直に守っている。

わずか1ケ月で、2年半やってきた事の ハシゴを外してしまったのは誰か? 
それは岡田監督である。
岡田監督は戦術を土壇場で変えてしまったのに、オランダ戦では俊輔に対して明確な指示が
出ていないと想像できる。

俊輔は試合後「2点目を取られたら困るから動き辛かった」 とコメントしてた。 
つまり 玉田、岡崎を入れるまで 点を取りにイケ という明確な意思は俊輔に出していないのである。

我らが10番を そんなに非難して良いのか? 非難対象は本来 誰であるか 私には想像できた。
もっとリスペクトしようよ。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<次へ | ホーム | 戯言>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。