競馬サイン読み レーシングダイアリーを解け

JRA発行のレーシングダイアリーを中心にサイン解読を行う。「競争日記」をレース前に書けるJRAは予知能力者か演出家なのか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さてと

子供の部活(大会)送迎。また行かなきゃ。なんで遠い所でやるかな。

さてと。勇者 = ダービー馬 ですが、昨日の四位を見ると、 
輝きを放つ(直近の)勇者ダービー(ジョッキー)としての
レーダイ使いだったようです。

そう取るならば、もう一丁(四位+角居)のポップロックでも「有」「かも」しれないのですが、昨日消えた東京オナーチェイサーが3番なのですから逆押さえのブライトTへの逆サインとも取れるかもしれません・・。

直近輝くダービー馬ウオッカは次週「秋華」で出てくるのですが、
今日 四位を強く買うのか、次週買うのか、両方買うのか、
悩む所でありますね・・。。

さて、そして「農林水産省賞典京都大賞典」が正式名称でしたよね?
神農幸 がゲストなのですが、

■太陽の祭り・インティライミ
インディヘナの言葉(ケチュア語)で、インティは「太陽」を、ライミは「祭」を意味します。
6月のアンデス地方は雨季も終わって秋になり、ちょうど収穫を終える頃です。
インカの神である「太陽」へ、収穫の感謝と翌年の豊作祈願を兼ねた、インカ帝国時代の
最も重要な儀式のひとつでした。スペイン征服後に中断していたのを復活させたもので、
古来の衣装をまとったインカの末裔たちが、軽快なワイノのリズムにのって踊り歌い、
町中を行進します。そしてサクサイワマンの遺跡に至ると祭りは最高潮に達し、
太陽に生贄を捧げ、翌年の豊作を祈り幕を閉じます。

インカの■神 太陽 
収穫の感謝 ■農
豊作祈願 ■幸 あれ

あまりにピタリですけど、人気だしツマンナイ。

先週4wでもこの2頭は出てるし、京都は見しようかなぁ・・・。
なんかツマラナイ堅い結果かもね・・。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<毎日王冠 | ホーム | あらま 3戦1勝でマイナス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。