FC2ブログ

競馬サイン読み レーシングダイアリーを解け

JRA発行のレーシングダイアリーを中心にサイン解読を行う。「競争日記」をレース前に書けるJRAは予知能力者か演出家なのか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

先読みで、福永までは行ってたのになぁ・・。

もうひとつの頂点に衝撃
「片方の頂点にはディープインパクトだよ」です。
第72回東京優駿(G1) 2005年5月29日 これが頂点のはず。 

ならば、もうひとつ もう片方の頂点は? 2005オークス 
2 4 シーザリオ 牝3 55 「福永」祐一 「角居」勝彦 キャロットファーム
3 5 エアメサイア 牝3 55 武豊   伊藤雄二 ラッキーフィールド
5 9 ディアデラノビア 牝3 55 デザーモ 角居勝彦 キャロットファーム

もし同年同年齢G1のNHKだとしても(これは頂点じゃないと思うが)
6 12 ラインクラフト 牝3 55 福永祐一  瀬戸口勉 大澤繁昌
7 13 デアリングハート 牝3 55 後藤浩輝 藤原英昭 社台レースホース
2 4 アイルラヴァゲイン 牡3 57 横山典弘 手塚貴久 齊藤四方司

福永はRD先読みしてチェックしてたハズなのに、そこから買えない
のが情けない。同枠「角居」デルタ 対 ハンデGⅢ2着馬は・・・。

2005ダービーに対する2005オークス
2006年の主要頂点(天皇賞・ジャパンカップ)はディープインパクト
なのですから、逆に2006年ダービー馬=メイショウサムソン
という所までは思いもよりませんでした。

RDは4週セットというのが如実に判りますね。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春 対 秋 ・・・。 | ホーム | そういえば>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。